ビッグウィッグで久々にRCをやってみようかなという人へ (2)

 タミヤ/ビッグウィッグ パケ2

さて、大層に分けてみましたが続きを。
キット以外に必要な物について個別に取り上げていきます。

〇プロポセット
いわゆる操縦用のメカ類ですがその構成は

・送信機
・受信機
・ステアリング用サーボ
・ESC(スピードコントロールアンプ、通称:アンプ)

になります。
昔との違いは機械式のスピコンが無くなった事。
アンプを使用するのが必須となっています(復刻キットにスピコンは付属していません)。
えーアンプって高いんでしょ? と思われる方もいるかもしれませんが
ベーシックモデルだと昔とは違いかなりお安くなっています。

次に送信機について。

 サンワ ダッシュSP
 画像は80年代の送信機・サンワ/DASH SP(絶版)

80年代とは違いホイラータイプが多数派になっていて種類も豊富。
逆にスティックタイプは少数派になっており、選択肢はかなり限られてしまいます
(フタバ/2HRなど)。

あと大きく変わったのが周波数。
ビッグウィッグの時代だとAM、FM帯でクリスタルを何番にするかな、というのがありましたが
現行モデルの場合は2.4GHz帯仕様となってます。
この仕様のすごいところは電源ON時に空きバンドを自動で見つけ出し割り当てること(バインド)。
つまり他のドライバーのバンドを気にしなくても混線が起きないというスグレモノです。
なお、1番は赤色の旗をアンテナにつける、といったこともありません(念のため)。
メーカーはサンワ、フタバ、KOなどが変わらず健在です(アコムスはありません)。

〇バッテリー
ビッグウィッグ等に使用可能なバッテリーは、7.2Vのストレートパック。
ビッグウィッグの特徴のひとつに8.4Vバッテリーに対応というのがありましたが
8.4Vバッテリーの入手は困難です(電動ガン用等が流通しているようですが当店にはありません)。

さて7.2Vバッテリーですが、当時からおなじみのニッカドだけでなく
ニッケル水素バッテリーが有ります。
この両者、中身に違いがあり後述の充電器の選択に関係してきますが、
大雑把にはニッケル水素バッテリーのほうが大容量の商品が存在する、
とお考えいただければと思います。
ニッカドバッテリーも80年代に比べて容量が大きいものがリリースされております。
また昔より割安な商品が多いです。
あとコネクターですが、いわゆる京商型のものは販売されていません
(京商もタミヤと同じ形状のコネクターを採用してます)。
またT型コネクタ(ウルトラプラグ、ディーンズタイプ)等も有りますので
使用するアンプのコネクタ形状を確認しましょう。
ただバッテリー、アンプ共にタミヤ型採用の製品が多いです。

RCカー用バッテリーとしてはこのほかにリチウムフェライトバッテリー(Li-Fe)、
リチウムポリマーバッテリー(Li-Po)がありますが勝手ながら割愛します。

〇充電器
やはり30年ほどの時の流れで進化しているのが充電器。
XBシリーズなど一部のメーカー純正セットに付属の充電器を除くと
急速充電器が一般的になっています。
急速であれ何であれ対応する充電器が必要になるわけで
選択するバッテリーに応じた充電器でなければ駄目な訳ですが、
ニッカドバッテリー専用充電器ではニッケル水素バッテリーには対応できませんので
注意が必要です。
ただ、ニッカド専用の充電器はあまり販売されていません。
両方に対応した充電器が殆どです(念のために購入までに確認しましょう)。
なおタミヤXBシリーズに付属の充電器はニッカドバッテリー専用です。

ボディ塗装用塗料、組み立て工具などは昔と変わらずだと思います。
タミヤのポリカーボネート用スプレーを使用される方が多いと思いますが
色数がかなり増えているので、オリジナルとは異なる塗装をお考えの方は
色のチョイスがなかなか決まらないかも?


さて、うだうだと書きましたが、
タミヤ/ビッグウィッグの当店オリジナルのセットをご用意しております
(この辺りも昔と変わらずですね)。
いくつかのセットをご用意しております。
もちろん単品でのご購入よりお安くしております。
セットの内容についてはこちらをご覧下さい。

今回の記事、誰かのお役に立ちますでしょうか。
立てばいいんですが。。。

ビッグウィッグで久々にRCをやってみようかなという人へ (1)

 タミヤ/ビッグウィッグ パケ1

このところ、タミヤから復刻版が数種類発売されてますが、
こんな方も多いのではないでしょうか。


「久しぶりにラジコンやってみよっかなー」

昔(て言うほど個人的には時間が経っていないとは思いますが)、80年代の
RCバギーブームの頃。
ホーネット、トムキャット、オプティマシリーズ、ホットショット等などの
ラジコンを走らせていた人。
ガキのころ熱かったなぁ、
あの頃走らせてた(或いはあの頃憧れた、気になっていた)マシンが再販されてるし、
よし、久々にやってみるか。

今回はそんな人に向けた、お役に立つかどうかは分からない駄文です。


「おっ、ビッグウィッグ再販なん? あの由良デザインで久々にラジコンやって
違いのわかる男になってみるか
(何か混ざってますが気にしない)

ご存知のとおりビッグウィッグは組立キットなので
キット以外にもいろいろ必要なものが出てきます。
ここで過去の記憶を補う為にもキット以外に必要なものをご紹介。

・プロポセット
・バッテリー
・バッテリー用充電器
・ボディ塗装用具(ポリカ用缶スプレーが一般的)
・組み立て工具

主だった物はこんなところです(覚えておられましたか?)。
このように箇条書きすると今も昔も必要なものは変わらないのですが。
その中身が30年程度の間に進化というか変化を遂げているわけでして。
その辺りを順に取り上げたいと思いますが、結構長くなりそうなのでいったんここで区切ります。
次回に続きます。

切れてましたが

先日、Eテレで「香川照之の昆虫すごいぜ!」を見ました(再放送)。
たまたま見たんですが、何か吹っ切れたような香川さんが見れました。
キレッキレッて感じで面白かった。
トノサマバッタのことも知れたし。
あっという間の30分でした(2回目はいつだろう、気になります)。

 カマキリ
 (画像は最近話題の「いらすとや」さんからいただきました)


さて、キレッキレッというと、
長らく品切れしていましたキットが再入荷しました
(ちょっと強引な進め方ですが;)。

 タミヤ HARN RACING MAN TGS
タミヤの「TEAM HAHN RACING MAN TGS」です。
かなり前ですが
トラックレーシングの映像をカーグラフィックTVで見た記憶があります。
迫力満点でしたね。
それを1/10スケールで再現するのも楽しいだろうなぁと思います。
定価12,800円->当店販売価格8,700円です。

よろしくお願いします。


※記載価格は税抜、2016年11月現在のものです。

味のあるモノ

「もちぷにゃ」(セブンイレブン)、美味しいですよね。
価格もお手ごろなんで最近気に入っております。
大阪本店のお隣はセブンイレブンさんです。
当店のお客さん、特にサーキットご利用のお客さんは重宝しております
(もちろん我々もです)。
で、今日も買おうと思ったら売ってなかったので(泣)
画像はありません。。。


 7-11 しろもこ
代わりに似た感じのものがあったので買いました。
「しろもこ」だそうです。
これはこれで美味でした。

さて、スイーツの話だけではあれなので。



ファイティングバギー外絵
タミヤのファイティングバギーです。
ご存知、復刻モデルですが、現在のキットとは違うメカっぽさがいいですね。
といっても複雑な構造ではないんですよね。
リアサスペンションは特徴的で面白いし。

 ファイティングバギー箱中
このブリスターパッケージ。
最近のモデルはこうじゃないんですよね。
箱を開けたときにワクワク感が高まるというもの。
これを見るだけでも楽しいものです。
それ目当てで買いませんか(笑)
定価35,000円→当店販売価格23,900円です。



※記載価格は税抜、2016年11月現在のものです。

ポルシェ911 GT2が入荷しています

TA02SW ポルシェ911 GT2

みーどりーの中を走り抜けてく真っ赤なクルマ♪
というわけで、タミヤ/ポルシェ911GT2レーシングです(箱絵は白いですが)。
先日入荷してまいりました。

ポルシェ911という大きな括りでいくと
RCの定番ボディの感がありますが、それだけ人気ってことなんでしょうね
(GT2は消滅しましたが、911はレースで活躍してますしね)。

シャーシはTA02SW。
久々の登場ですが、歴史のあるシャーシです。
TA02をベースにショートホイールベース、ワイド化を図ったシャーシですが
発売された当時、かなりの人気を博しました。
タミヤの名シャーシのひとつと言っていいんじゃないでしょうか。

なお定価17,800円 → 当店価格12,400です。

好評発売中!


※記載価格は税抜、2016年10月現在のものです。

スターユニットという概念

どうも、チャンプ大阪本店です。
↑何だか小難しい感じのタイトルになっていますが、難しいことは書きません;

タミヤ ライトニングホーク

先日に、タミヤからこれまでにないカテゴリのRCがリリースされています。
ライトニングホーク」という名の、その電動バギーは
スターユニットシリーズというシリーズ名で登場しました。
パッと見は、以前展開されたタムテックギアっぽいですが若干大きめ。
大きなミニ四駆(?)とも言えそうな大きさですが、
これまでのキットとの違いはパワーソースが単3形電池4本であること。
パワーソースは370タイプ、サスペンションはシンプルな構造の4輪ストラット。
つまり、初めてRCを扱う人に適したモデル、というわけです。
送信機の操作で走行モードを
ノーマル・パワーの2段階のスピードを切り替えることも可能。

ミニ四駆を走らせていて「自由にクルマをコントロールがしたい」、と思った時。
少年少女がオトナ或いは年上のおにーちゃん、おねーちゃんが熱を上げ
走らせているRCを見て「自分も走らせたい」と憧れた時。
そんな時に手を伸ばせるモデルは、実は少ないのかもしれません。

というわけでこの「ライトニングホーク」、いかがでしょうか。
定価:14,800円→
8,900円で販売しております。

よろしくお願いします!

 >>>>>Champ Webショップで購入する


※記載価格は税抜、2015年11月現在のものです。

好評発売中

人気のくまモン、再入荷しています。

 ミニ四駆くまモンver.
 くまモンさんです

タミヤ
ミニ四駆・くまモン バージョン
定価:1,100円 → 当店販売価格:
770

好評発売中、よろしくお願いします!


(C)2010 熊本県くまモン
※価格は税別、2014年9月現在のものです

(WEBショップ CAR) ひっそり、ではありませんが

WEBショップ for CARです。
何かとセールを行ってますが、キットなどを除くと結構目立たないものもあるんです。
そんな特価パーツたちを一部ご紹介します(WEBショップ限定です)。


○タミヤ オプションパーツ
84310/TRF502Xアップグレードセット
  定価:16,800円 → 特価:
9,500
84274/TA05M-Four チタンビスセット
  定価:6,000円 → 特価:
3,600
84150/TA05-VDF アッカーマンステアリングセット
  定価:4,600円 → 
1,800
チャンプオリジナル タミヤ TA05限定パーツセット
  詳しくは商品情報をチェック! → 特価:
3,790
  
○京商パーツ
PZB101/T90FW ボディセット (プラズマフォーミュラ)
  定価:2,500円 → 特価:
800
MZ203B/フロントサスペンションセットパーツセット(MR-02)
  定価:500円 → 特価:
150
MZ208/ビスセット(MR-02)
  定価:450円 → 特価:
135
ORI28275/ボルテックス VST2 PRO 17.5T BLSモーター
  定価:12,000 → 特価:
7,714

いずれも数量限定、早い者勝ち、
よろしくお願いします!


※価格は消費税別、2014年9月現在のものです

サベージ特価中!

現在、HPI/サベージX 4.6 RTR を限定特価中です!

 サベージX4.6特価中

HPI SAVAGE X4.6 RTR
 定価¥78,000→限定特価¥39,800-

各店舗、通販同時開催です、
よろしくお願いします!



※記載価格はいずれも税別、2014年8月26日現在のものです。

タミヤ/ハイラックスのお話

 ハイラックスというと個人的には工務店さんのはたらくクルマ、
あるいは海にでも行こうか@昭和時代、のイメージなんですが、
いずれにせよカッコいい。


 ハイラックスはインプレッサ程ではありませんが結構RCモデルになっています
(ドリフトカーも出ていますよね)。
その中でいま多くの人が真っ先に思いつくのがこれだと思います。

 タミヤ/ハイラックス(RN36)
「タミヤ/トヨタ ハイラックス4WD ハイリフト(RN36)」です。
定価は94,290円、当店販売価格は56,574円とかなり高額モデルになると思うんですが、
人気です。売れています。
でも「『タミヤのハイラックス』ていうと既に売ってるやん」と思う人もいるはず。
 タミヤ ハイラックス ピックアップ
 ↑
これですね。「トヨタ ハイラックス ハイリフト(ITEM No.58397)」(定価47,250円→26,300円)。
パッと見だけでなくどちらもラダーフレームに3速ミッションと似たところがありますが、
RN36は金属部品の多用、それによる重厚感が凄いです。

また、「ハイラックス4WD ハイリフト(RN36)」は復刻版ですので
RN36のほうが先に出ているモデルになります(部分的に変更、改良がなされています)。
発売当時、タミヤカタログや模型店の高い位置の棚に置かれたコイツを見て
「いつかは・・・」と思った人はかなり多かったのかもしれません。
繰り返しになりますが人気です

詳細はメーカーサイトを見ていただくとして、手元にちょっと珍しいものがあったのでこちらを。

 ハイラックス フライヤー
子供の頃に買ったプラモデルの箱に入っていた「ラジオコントロール製品一覧」(フライヤー)です。
ここに当時の紹介があったので一部抜粋。

「実車のメカニズムにできるだけ近づけたシャーシ構造、サスペンション、ギヤーボックスなど、
メカニズムが楽しいモデルです。~(中略、構造の説明)
~ビッグなタイヤとカスタムキャビンつきボディはアメリカンムード十分。
RS-750SHモーターでパワフルな走行も楽しんでいただけます。」


何やらワクワクしてしまう文章ですね(復刻版はRS-750SHモーターではありません、念のため)。

当時を知る人も知らなくて新鮮な人もいかがでしょうか?



※記載価格は税込、2012年5月現在のものです。
プロフィール

ラジコン RCアドバイザーチャンプ

Author:ラジコン RCアドバイザーチャンプ
大阪、東京(秋葉原)、神奈川(相模原)に店舗を置く
R/C専門ショップです。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード